繋がる命のために
明日にはこの世にいなかったかもしれない命 大切な命を繋いでくれた多くの人たち                       そして次に繋がる命のためにこのブログを書いていきたいと思います。
また嘔吐…
昨年の嘔吐から少しずつのフードの調整などで
落ち着いていたと思っていたのに…(T_T)

5日の朝に前の日のご飯の未消化物少し含んだ黄色い胆汁を吐いて
その後の朝、昼、晩のご飯はいつものフードをあげたけれど
なんとなく食べ方が違う…(・_・;)ん~?おかしいねー
と思ってたらもその日は吐かなかったんだけれどねー
でも6日の朝は吐いた…フードは消化はされているのだが…
便はちゃんと出ているし…そこそこ形にもなっていた…
また腸にガスがたまっているのか?と思いつつも朝はいつものフード…
お昼のご飯時間…やはりまた吐いてしまった…これは未消化フードを含んでいたが
消化はされてはいるようなのでやはり腸かな?と思いつつ…
今度は前回の缶詰フードだけをあげてみる…食べる気はあるんだよね…

夜は病院か?と父ともいろいろと話をしていたのだが…
今日は様子を見るため嘔吐止めのお薬と缶詰フードを貰いに行くだけにした
若先生にこれまでの状態や今の状態などいろいろと話をして…
いろんな可能性があることを踏まえ…腸の閉塞の可能性は極めて低いと…
閉塞や腸が狭くなっている場合…前回から1度回復している事を考えても
やはり可能性は低いであろうと言うことなのだ…
もしその可能性があるなら腸が狭くなっている部分がうっ血を起こし
良い状態に戻らず症状が悪化するはずだから…との見解のようだ…

便の状態…今回の嘔吐などから考えて…
ヨーゼフの胃の働きが緩慢なのではないだろうか?との事でした
胃の働きがゆっくりなので胃に停留している時間が長く…発酵ガスが発生しすい
正常で活発な胃の働きの場合はガスはゲップとして出て残りのガスも腸に送られる
ヨーゼフの場合、その胃腸の働きが緩慢な事で今回のような症状が出るのだろうと

でも保護時期やうちに来た当初は食欲爆裂でそんな事ぜんぜん心配なかったのに?
と若先生に言うと…『食べられなかった放浪時期を経て保護時期もいつ食べられなく
なってしまうかわからないと言う思いの中、異様な食欲で胃腸の働きは活発だったであろう
と言うかそんな事は考える暇もないほど目の前の物を食べなくてはと言う思いだったであろう
でも今は食べる事に関してはなんの心配もなくなってしまっているので体が戸惑っている
そんな状態なのかもしれませんね』って言われたんです…
それが胃腸の働きを緩慢にしている原因の1つなのだろうか?

本当にそれだけなのだろうか?
大きな病気が潜んでいるのではないだろうか?
神経質な私は頭の中でいろいろと考えてしまいます…

私はうちに来た事で過保護になり私の神経質な思いからも
それがヨーゼフに伝わっている心配は常にあったのですが…
先生も過剰に神経質になるのは犬にも伝わりますからねって言われました
わかってはいるんです…でも我が家に繋がった命への責任…
私の性格上…だめなんですよねーこれが…(・_・;)

そんな事をいろいろと考えながら帰ったのだが…
私たちが出かけたタイミングも悪かったようで…
お腹は空いてるヨーゼフくん…胃液と水を吐いてました(T_T)

嘔吐止めのお薬と缶詰フードを少量上げてみたものの…
さてその後はどうなるか?また状態が変わらないようなら
また病院になります…どうか前回のように回復してほしい…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



電力使用状況&電気予報



プロフィール

ヨーゼママ

Author:ヨーゼママ
ご訪問ありがとうございます



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR